金色の螺旋

前に戻る目次次へ

第一章 真実の名

四.帝都紫瑤
 人間の統治する人界は一つの大陸で成っている。大陸には六つの大国と、其の他十数カ国が存在する。
 六ツ国の一聖安は茗と並んで帝国を称し、かつては幾つかの小国を従えていた。しかし内乱に伴う王朝の交代により此処数十年来は国力を弱め、十数年前からは茗の侵略を受けている。
 数度の戦で一部の属国を奪われただけでなく、先帝を亡くした上優れた将軍を多く失った聖安は、停戦協定を受け入れ公主蘭麗を人質として差し出した。其れは、実質的な聖安の敗北と茗への隷属を意味していた。
 九年の月日が流れた今、戦火で荒れ果てた聖安の国も漸く復興が進み、人々の暮らしは元に戻りつつある。戦死した先帝に代わり帝位についた妃恵帝は、蘭麗姫を取戻し、屈辱的な茗の支配から逃れるため機会を窺っているという。
 麗蘭が都紫瑤を訪れたのは正に其のような折りだった。


「どうぞ、お通り下さい」 
 怪訝そうに麗蘭を見ていた城門の門守は、彼女が差し出した一通の文を見ると顔色を変えた。文を返し仲間に合図を送ると、丁重に道をあける。
 麗蘭の背丈の二倍程の高さがある大きな黒鉄門が、重々しい音を立てて開かれる。
 再び馬に乗り門を潜り抜けて暫く、麗蘭は背中に門守たちの視線を感じていた。
――流石、風友さまの御名前入りの通行証となると効果覿面(てきめん)だな。
 禁軍の元上将軍である風友の名は、彼女が現役を退いて久しい今も聖安中の軍人に知られている。十数年前の戦役において彼女が立てた功績は、其れ程伝説的なものだった。
――此処が……紫瑤か。
 城門から殺風景な一本道を進み、丘の上で馬を止める。馬の背を撫でながら其の先に広がる城下町を見下ろす。其れは、彼女が初めて目にする都の姿だった。
 黒く瓦光りする建物が聳え立ち、其の向こうに一際高く大きく、立派な建物がある。
「あれが燈凰(ひおう)宮なのか……?」
 書で読み、話に聞く皇宮は黒い瓦に鮮やかな朱塗りの荘厳な建物だという。此の距離からだと朱塗りかどうかは分からないが、きっとそうなのだろう。
――あそこに、恵帝陛下がいらっしゃる。
 そして其処に、麗蘭の運命が待っている。
「……さて、どうしたものか」 
 未だ夕日も見えていないが、早朝に孤校を出て、ずっと馬で駆けて来たため休息もとっていない。直ぐにでも皇宮に向かいたいと思ってはいたが、夏盛りの炎天下の中汗だくで、こんな身形ではとても歩き回れない。
「とりあえず、旅籠を探すか」 
 時間は早いが、今日は泊まる処を探して早めに休もうと決めた。再び馬を走らせて丘を一気に駆け下りて行った。



 六ツ国の民の中でも聖安人は、美しい芸術や装飾品を特に好む。帝都紫瑤には、貴族たちが財を尽くし工夫を凝らした屋敷が立ち並び、庶民の暮らしも華やかなことで有名だった。
 しかし、其れは麗蘭が生まれる前の頃までの話。かつては見栄えよく手入れされていた建物も、白い壁が薄汚れたり瓦が剥がれたりしている。金のある貴族ならともかく、只でさえ戦争で多くを失った平民にとっては、街の美しさを気に掛けている余裕が無いのだ。
 其れでも人通りは多く、長年山奥で暮らして来た麗蘭にとっては正真正銘の大都会だ。馬車や籠が行き交い、商売人が店先で盛んに客を呼び込みとても活気がある。此れまで麗蘭が訪れたことのあるどの町よりも明るく、人々の暮らし振りも豊かなものだった。
 馬を引いたまま少し歩くと広い大通りに出た。遠く向こうまで繋がっており、先には丘から見えたあの皇宮らしき城が見える。
 程無くして手頃そうな旅籠を見つけることが出来た。馬も泊めておけそうで、此の場所からなら皇宮も近そうだ。
 柱に馬を繋ぐと、麗蘭は旅籠の扉を開いた。
前に戻る目次次へ
Copyright (c) 2012 ami All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-

inserted by FC2 system